サリオパーク祖父江☆夏はプールやバーベキューも!料金や楽しみ方を伝授

スポンサーリンク
サリオパーク祖父江 お出かけ

愛知県の祖父江町にある『サリオパーク祖父江』は名古屋市内からも車で行けて、駐車場は無料で、屋外でお弁当が食べられます。

一日あっても遊びきれないほどの広さで、おすすめは水遊びゾーンです。大きな遊具がたくさんあり、下は砂丘の砂なので安全です!

この記事では愛知県祖父江町にあるサリオパーク祖父江へのアクセスや駐車場、施設の詳細やおすすめポイントについてまとめます。

スポンサーリンク

サリオパーク祖父江のおすすめポイント

サリオパーク祖父江は、駐車場から大きな遊具がある広場へは歩いてすぐ。

大きな船の形の遊具、ながーーいローラー滑り台、ターザンロープもあります。年齢別に分かれているので、3歳から小学生まで楽しめます。

遊具が設置してあるところの地面は砂丘の砂地になってるので、転んだり、少し高いところからジャンプしても安心。

服や靴は砂だらけになるので覚悟は必要です。

遊具のすぐ近くに芝生の広場があるので、レジャーシートやポップアップテントを広げて、荷物を置いたりお弁当やおやつを食べて休憩することもできます。

目を離しても大丈夫な年齢であれば、お母さんたちはそこでのんびりお話をしながら子供達が遊んでいる様子を見ていることもできます。

近くにコンビニはないので、途中で買って持って行くかお弁当を作って持って行くのがオススメです。

サリオパーク祖父江の料金は?

サリオパーク祖父江は駐車場、入園料は無料です。

プールは大人450円、子ども200円。とても良心的な値段設定です。

一日中過ごすことができますよ。

バーベキューも無料で利用可能

サリオパーク祖父江にはBBQエリアもあり、そこも無料で利用できます。

予約はできませんのでいい場所を取るためには朝早くに行きましょう。

週末には園内にピエロが来ているときもあり、200円ほどでバルーンアートで剣やかわいい動物を作ってくれます。

時間帯によっては子どもたちが並んで待っていることがあるほど人気です。

夏のプールは無料貸出のおもちゃがあります。

遊具の下が砂地になっているので、服は砂だらけになります。ポケットの付いていない服を着て着替えも持っていったほうがいいと思います。

公園はそれほど混んでいないので、密集することなく遊ぶことができます。念のため、子どももマスクはして遊ぶようにしましょう。

遊びに来ている人もほとんどがマスクを着けていました。

サリオパーク祖父江までのアクセス・行き方は?

サリオパーク祖父江までのアクセス・行き方について。

サリオパーク祖父江の地図

サリオパーク祖父江へは車でのアクセスがオススメです。

近くにインターはないので、尾張地方からなら下道を使ったほうがいいでしょう。

尾張中央道から県道130号線を西へ進みます。馬飼大橋の手前にある東馬飼の交差点を北へ。少し走ると看板が出ています。

橋は渋滞していることが多いので、曲がるところに気づかずに橋へ入ってしまうと戻るのにとても時間がかかるので注意して下さい。

これにハマって30分ほどロスしました。

サリオパーク祖父江の駐車場

サリオパーク祖父江には駐車場はたくさんあるので停められないことはないです。

公園からかなり離れた駐車場もあるので公園の近くに停めたい場合は早めに行くのがオススメです。公共の交通機関を利用して行くことはできない感じです。

近くにコンビニやお店はほとんどありませんので、必要なものは早めに買っておきましょう。

公共交通機関からは遠いです。駐車場も広いので車で。

駐車場はたくさんの台数が停められますが、1台のスペースが狭めで、大きなワンボックスだと場所によっては停めにくいです。お子さんがいる方は扉の開け閉めに気をつけて下さい。

サリオパーク祖父江のおすすめポイントまとめ

サリオパーク祖父江は、3歳頃から小学生までが楽しむことができるので、ファミリー向けの公園です。

とても広いので、遊具のないエリアでは大人でも楽しめるところがあるかもしれません。

ボール遊びがでからエリアもありますので、キャッチボールやサッカーの練習もできます。

公園内を自転車で走っている子どもはいませんでした。

BBQは大人も子どもも関係なく楽しめると思います。

公園内は禁煙という記載はありませんが、灰皿は設置されていません。私が行った時には喫煙している方はいませんでした。

サリオパーク祖父江は、子どもを安心して遊ばせることができるおすすめの公園です。ぜひ行ってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました